•  

     

    日中ブロックチェーン産業発展に努める

     

    Blockchain will change the world

     

     

  • 協会の紹介

    2017年はデジタル経済の元年と言われています。 ビットコイン は 20倍以上急騰しており、ICOの市場は爆発的に急成長を遂げた。日本はデジタル経済の先進国で、日本政府も支持サポートもしてきています。一方中国において、ICOを禁止しているものの、ブロックチェーン技術の発展は産業イノベーション等が盛んになってきています。日本と中国の間で多くの分野において、共に開発し、発展するチャンスがあります。本協会は日中間のリソースを整合し、ブロックチェーン産業の健康的な発展に貢献できればと考えております。

  • 理事会と顧問チーム

    私たちは一番トップのチームを持っています

    理事長

    浜田和幸

    日本の政治家、国際政治経済学者。

    参議院議員(1期)、総務大臣政務官、外務大臣政務官、国民新党代表代行兼幹事長(第4代)、国際未来科学研究所代表、2020年東京オリンピック招致委員などを歴任。

    副理事长

    日野 由美子

    哲学博士(侯) 日本时装设计师 一般社団法人日本国際経済文化促進協会 会長,全日本美食協会 会長,中国国際教育テレビ局ドキュメントチェンネル日本代表

    最高顧問

    日野 正平

    法学博士、三菱中国研究会会長、徳島県政府中国戦略対し、中国湖南省海外特別代表。中国华信ブロックチェーン研究員高級顧問

    理事

    薛 蛮子

    蛮子ファンド創業者、有名創始エンジェル。主に初期投資やPre-Aなどに投資する。主な投資は泡泡网、8848.com、雪球财经、汽车之家,51信用卡等。薛蛮子(セツマンシ)は2014年からブロックチェーンや仮想通貨の事業投資も行っている。

    理事

    Lao Mao

    硬币資本ファンドの創業者,各ブロックチェーン分野への投資を行っている。中国ブロックチェーン仮想通貨分野のリーダー的存在。

    理事

    邓 迪

    太一云董事長、ダボスブロックチェーンフォーラム中国代表団団長。

    理事

    李 晨

    ファジー数学、遺伝子工学専攻、日本20年以上のITソフトウェア会社経営、AI、クラウド、ロボット、インターネット、メディア等分野が精通。仮想通貨専門メディアとして、デジタルジャーナルジャーナル創業者である。

    顧問

    武田 勝年

    原三菱商事董事,三菱商事中国总代表。日本中国商会会长,日中友好会馆常务理事

    理事

    松井 晴彦

    グローシップ・パートナーズ株式会社 代表取締役社長

    約30年一貫してIT、ビジネスコンサルティング業務に従事。アロウズコンサルティング代表取締役、EYアドバイザリー代表取締役を歴任、2017年、当社の代表取締役に就任。

    コンサルティングサービスに加え、Fintech、RPA、AIなど先端テクノロジを利用したサービス開発・展開を実施。2017年には、本格的なクラウドファンディング事業者向けのITプラットフォーム「CrowdShipFunding」をリリースし、多くの事業者に提供している。

    理事

    马 欣

    中国弁護士、北京大学法学系卒、北京观韬法律事務所,VERYBEST法律事務所など字経験。日中の企業M&Aなど多くの実績を持つ。また日本における仮想通貨取引所の申請解説など精通、多く経験している。

    監査

    上中 淳行

    日本公認会計士、税理士。

    デロイト監査法人にて約10年の監査経験を経て 、1995年金融情報会社FISCOを創業し、日本JASDAQ市場に上場成功。その後SNS会社のCFOに就任し、現在
    MOORES ROWLAND SOLUTIONS JAPANESE DESK統括。

    監査

    孙僮检

    BC Collegeの創始者COO、企業経営コンサルタント

    理事

    孫小楽

    Bica Blockchain Fundの創設者で、vechainの共同創設パートナーで、香港のスタンダードチャータード銀行(SCB)危機管理部に就任したことがあり、Finenial Timesヨーロッパで1位のIE商学院金融学修士、IEファミリークラブメンバー、経済学学士、管理学学士、中国のブロックチェーン先行者です。

  • 会員サービス

    全方位のサービスと資源の調和

    業界サービス

    日本の公式指導、取引所、プロジェクト、研究開発機構、技術企業、学術交流、メディア、弁護士、監査などの全方位サービス。

    オフライン交流会

     

    会員は各ラインでの交流イベントの割引価格をお楽しみください

    各種展示会の特典

    会員は、当協会の主催または協力したすべての展示会の特典をお楽しみください

    技術勉強会

    会員はすべての技術学習班の割引運賃を楽しんでいます

    ICO評価

    中日共同専門家プロジェクト評価する

    ブロックチェーン技術サポート

    サイト建設、ブロックチェーン技術やAPP開発、技術サポートなど。

  • Statutes

    1

    権利と義務

    協会理事の権利と義務:

    1、協会内部会議及び活動に参加します。

    2、協会発展の全体を知ります。

    3、協会の発展に関する議案については、知る権利と提案権があります。

    4、関連情報と産業のコンサルティングサービスを獲得します。

    5、協会理事大会で理事会メンバーの選挙を投票します。

     

    理事会メンバーの権利と義務:

    連盟メンバーが履行すべき諸義務のほかに、理事は以下のような権利と義務があります。

    1、選挙で常務理事、理事長を生む。

    2、一年間は少なくとも3回以上の連盟の会議や活動に出席しなければならない。

    3、少なくとも半分以上の理事の仕事会議に出席しなければならない。

    4、その他の関連する約束の義務があります;

    5、連合の重要事項に対する、提案権と投票権があります

     

    常務理事の職責は次のとおりです:

    1、投票選挙にて副理事長を選出します;

    2、一定期間内における様々な交流活動を統括的に計画します。

    3、財務予算、決算を審議します。

    4、運営する重大事項を審議します。

    5、連合の各規則制度に対して、提案権と投票権があります。

    6、連盟内部の重要な活動を指導する。

    7、その他の関連約束に付与された権利。

     

    2

    理事会の議案制度

    協会の発展に関する議題は理事会決議で、理事会は現場会議の組織形式を採用することができ、実際には電話会議などの形式で行うことができる。具体的には、秘書が理事会の議題によって選択して実行します。理事会の議案は、3名以上の理事で連名によって提出し、秘書処に委託し、さらに理事会に審議を提出します。理事会の議案は、会議に出席した全理事の投票で、半数以上の投票で可決されます。

    3

    資金管理

    1、経費の出所

    ・理事会と常務理事会の会費

    ・寄付

    ・業務範囲内で活動やサービスの収入

    ・金利

    ・その他の合法収入

    理事の会費:50万円/年

    会員の会費:20万円/年

     

    2、経費使用

    すべての経費は厳格に関連する法律法規に従って、透明、合理的な規則を公開することを堅持しなければならない。すべての経費は厳格に関連する法律法規に従って、透明、合理的な規則の原則を堅持しなければならない。経費予算は理事会によって審査され、秘書処によって管理され、かつ本規程及びその関連細則によって規定された範囲内で使用してはならない。

     

    3、財務管理

    国際公認の会計基準及び中華人民共和国財務法規を遵守し、すべての会計資料の合法、真実と完全を確保する。本団体の資産について、いかなる組織、個人は私分と流用を占領してはならない。

  • 連盟の組織

    強力な組織

    顧問

    日中業界の有名人。ブロック業界、金融、IT、政府など問わず有識者である。

    理事会

    理事会は本会の最高決定機構である。理事会会員の会費:50万/年。本協会のすべてのサービスを受けられます。

    法人会員

    会員は本協会のサービス受けられます。年会費20万/年。

    秘書局

    具体的な運営及び具体的な事務を担当する。

    監事

    法務、財務などの監査と監査を担当します。

  • 協会の役割

    1、協会の専門家委員会は、連盟内のメンバーに法律の提案と合法的な規則相談サービスを提供します。

    2、共同で内部通行の規則を制定します。協会内のメンバーの所属国の標準は通行の規則の標準より高い場合、所属国の標準によって実行され、その逆は協会基準によって実行されます。

    3、協会内の情報披露プラットフォームを作成します。

    4、協会内のブラックリストとホワイトリストのメカニズムを設置します。

    5、協会内のメンバーの交流と協力を促進し、業界の利益に対する不正な競争することを防ぎます。

    6、規制に対して、協会メンバーの規制コストを減らします

    7、協会メンバーのブランド公信力を強化し、連盟メンバーの共同発展を促進します。

    8、協会メンバー間の協力を強化し、情報と資源の連盟内での流通を促進します。

  • 総合リンク

    募集中

  • Contact us

    Get in touch with us and join in and learn more about JCBA information.

    東京都港区新橋6-5-3 山田屋ビル4階
    03-6432-4540